トップ  > ブログ  > 人手不足と悩む前に

当事務所は、ランチェスター経営戦略についてインストラクター経験10年以上である女性唯一

行政書士・社労士事務所です。「起業・創業に関する手続き」を得意としています。

起業に際し、不安を抱える方、売上が思うように伸びない、採用に困っている、
従業員が定着しない等お悩みの方の駆け込み寺です★
                 
社労士、行政書士の資格を生かした手続き、相談業務はもちろん、
ランチェスター経営戦略のレクチャー「夢ランチェスター起業塾」を通して、
 
年収1000万円以上へと導きます★
                                                                   

人手不足と悩む前に

先日、竹田先生より着信がありました。

仕事中で出れなかったので、留守電あり。

↓↓

「先日は講演会参加ありがとうね~。また電話します~。」

 

お礼の電話、直々に珍しいな。お礼の電話だから折り返しはいらないだろうな。

先生も忙しいだろうし。

 

と、思ったので特に折り返ししませんでしたが、

 

数日後、、

「中山さん、ランチェスターの竹田先生からお電話ですよ~電話」(うちのスタッフ岡さん)

 

「え?!何だろう!了解です!」(なんかまずいことでもしたかな、、エイリアン

 

おそるおそる電話に出ると、

竹田先生「いやー、中山さん、ご無沙汰です!最近はどうですか?」

中山「ありがとうございます!本業が忙しいですが、ランチェスターも頑張ってます。」

竹田先生「そうですか!いやぁね、最近は人手不足人手不足っていうでしょう。人を雇うことばかりに躍起になっとる風潮なんだけど、わたしはね、それよりも、今居る人員をしっかり教育して、付加価値を生む仕事時間に投入することが先だと思うんだよね。それはね、、、、」

 

具体例(製造業のおはなし)をもとに、個別講義をいただきました(^^)

 

竹田先生「製造業における、付加価値を生む時間の割合と、わたしがいつも話している中小企業に必要な面談コミュニケーション時間の割合が一致したからびっくりしたんよね~。いかに無駄な時間(移動時間や客待ち時間、アイドルタイム)を削るかが大事ってことなんですよ。」

業務時間に締める「付加価値時間」の割合を高めることの重要性を再認識しました。

竹田先生「こういうこと(利益生まない時間、利益生む仕事の時間配分)を社長さんが勉強せんから、人手不足とか、社員の働きが悪いとか言うんよねえ。ま、中山さんからもしっかり伝えてくださいね。長話ごめんなさいね〜」

中山「承知しました🫡

 

そしてまたまた数日後・・・

竹田先生より小包が送られてきた。

なんだろうと開けてみると、、、

 

 

感激!先日お電話で話されていた企業でした!

早速、仕事中のBGMで聞き流し。

戦略というのは、業種に関係なく転用できるということを学びました。

 

講義や研修に活かします☆
 

社労士・行政書士中山優子法務事務所

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目5-10チサンマンション第二天神704号

TEL:092-707-3617

FAX:092-707-3618