トップ  > ブログ  > 社長のリーダーシップ戦略②「職務遂行能力の高め方、熱意願望の高め方~その1~」夢ランチェスター経営塾

当事務所は、ランチェスター経営戦略についてインストラクター経験10年以上である女性唯一

行政書士・社労士事務所です。「起業・創業に関する手続き」を得意としています。

起業に際し、不安を抱える方、売上が思うように伸びない、採用に困っている、
従業員が定着しない等お悩みの方の駆け込み寺です★
                 
社労士、行政書士の資格を生かした手続き、相談業務はもちろん、
ランチェスター経営戦略のレクチャー「夢ランチェスター起業塾」を通して、
 
年収1000万円以上へと導きます★
                                                                   

社長のリーダーシップ戦略②「職務遂行能力の高め方、熱意願望の高め方~その1~」夢ランチェスター経営塾

R6.6.19(水)10時~ 「夢ランチェスター経営塾」が行われました。

リーダーシップ戦略2回目です。

リーダーシップの構成要因は、以下のとおり。

①願望熱意(57%)②人間関係能力(29%)③仕事遂行能力(14%)

足し算ではなく、掛け算です。( )内はウエイト

今回のテーマは「仕事遂行能力の高め方」「熱意願望の高め方」

リーダーは、担当している仕事のスキルのレベルを上げていくのはもちろんですが、加えて、会社の経営についても理解する必要があります。

従業員1人あたりについて、以下の流れを理解することです。

売上→粗利→営業利益→経常利益→純利益→自己資本

とくに、

会社の現在の勢いを示すのが「純利益」(現在の利益)

過去の隆盛を示すのが「自己資本」(過去の蓄積)

それは、業界平均を上回っていますか?

「現在地」を知ることで、仕事への取り組み方や部下の指導方法が変わるのです。

 

 

 

社労士・行政書士中山優子法務事務所

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目5-10チサンマンション第二天神704号

TEL:092-707-3617

FAX:092-707-3618