トップ  > コラム  > 試用期間中の解雇

従業員がのびのびと働きやすい職場環境・風土を作ることは、           
中山 優子
            
 顧客満足へと繋がります。                         
 
当事務所は、「企業の発展」「利益性向上」の一助となるべく、「女性ならではの視点」を大切にしたアドバイスを心掛けながら、社会保険・労働保険の法的な諸手続きはもちろんのこと、社内の環境整備から従業員教育まで一貫したお手伝いをさせていただきます。 
                 
                     
                                                                   

試用期間中の解雇

試用期間中でも、雇用契約が初日からすでに発生しています。その雇用契約を、どういう事情であれ、会社側の判断により打ち切るということは、解雇になります。

解雇するということは、解雇予告手当さえ払えば問題ないと思われがちですが、(※雇い入れて14日未満の解雇であれば、試用期間中ということで、解雇予告手当は不要です。)
労働事件に発展し、会社の存続が危ぶまれるほどの賠償額を労働者に支払うことになる危険性が潜んでいます。

採用の時点できちんと履歴書を確認し、(2年おきに会社が変わっている労働者には要注意)身元保証書、誓約書(ネットですぐ手に入るひな形では具体性に欠けます。)をきちんと取る等、対策を行いましょう。

社労士・行政書士中村優子法務事務所

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目5-10チサンマンション第二天神1109号

TEL:092-707-3617

FAX:092-707-3618

ランチェスター戦略を学ぶ↓

創業支援ネットワーク↓

行政書士の業務って?↓

日々のブログ↓


社労士中村優子事務所発行ニュースレター

【H28年】
H28 中村NEWS(11月)
H28 中村NEWS(10月)


【H25年】
社労士5月号
社労士8月号
社労士10月号
社労士12月号