トップ  > コラム  > 従業員が車輌事故を起こした場合の処分について、一度の事故につき1万円というような取扱をしてもよいのか

当事務所は、ランチェスター経営戦略についてインストラクター経験10年以上である女性唯一

行政書士・社労士事務所です。「起業・創業に関する手続き」を得意としています。

起業に際し、不安を抱える方、売上が思うように伸びない、採用に困っている、
従業員が定着しない等お悩みの方の駆け込み寺です★
                 
社労士、行政書士の資格を生かした手続き、相談業務はもちろん、
ランチェスター経営戦略のレクチャー「夢ランチェスター起業塾」を通して、
 
起業者、経営者の「心」と「業績」を豊かにします★  
                                                                   

従業員が車輌事故を起こした場合の処分について、一度の事故につき1万円というような取扱をしてもよいのか

労働基準法第16条により、賠償額を予定することが禁止されているため、定額の罰金を規定することはできません。

しかし、懲戒処分や、実損害額を超えない範囲で賠償請求は可能です。

請求額については、当事者である従業員の過失割合によって決定することが社会通念上相当であると考えられます。

就業規則に、損害賠償とは別に懲戒処分を行う旨と、懲戒事由として「過失により社有車その他会社の備品を破損、滅失させたとき」という旨を定めると同時に、懲戒処分を行うことも可能です。

懲戒処分内容については、過失の程度や事故を起こす頻度、損害賠償請求に応じているかも勘案することが望ましいので、実際に処分される際はよくご検討ください。

社労士・行政書士中山優子法務事務所

〒 810-0001

福岡市中央区天神4丁目5-10チサンマンション第二天神704号

TEL:092-707-3617

FAX:092-707-3618